目立つシミを治療しよう|最良のクリニックを選ぶコツを紹介

ナース
  1. ホーム
  2. 避けて通りたい老化現象

避けて通りたい老化現象

カウンセリング

普段からの予防が大切です

ある日、鏡を見ているとシミが出来てしまっていたと言う経験を持つ人も多いのではないでしょうか。健康に気遣い、肌の手入れを怠らないようにして来た人でも、ちょっとしたスキを見せることで、皮膚の中にメラニンが蓄積してしまったことで顔を出すのがシミと言われます。これは、肌を紫外線に当ててしまうことで、メラニンを作り出すメラノサイトが活性化してしまい、メラニンが過剰になってしまったことから皮膚が黒くなってしまうことで、俗に言う日焼けと言う現象のことです。この日焼けなどを長年続けることにより、皮膚のダメージが進行します。つまり、人の表皮と言われる部分でその厚さが0.1ミリから0.3ミリの中から、発生してしまうもので、メラニンがキチンと排出されなくなり、皮膚内部に留まることになってしまうことで、シミとなって表面に出て来る訳です。また人の肌にはターンオーバーと言う肌の表面組織を入れ替える現象を持っています。この働きが上手く行かなくなることで、メラニン色素が溜まる原因にもなっています。このシミを防ぐには、紫外線対策が一番の方法になります。日頃から日焼け止めを使い、外出時には帽子や日傘を用いることも有効な手段となります。更には、美白化粧品を使うことで、メラニンの過剰を防ぐと言ったことを行うことも大事なことになります。これらのシミは、老人性色素斑とも言われるものですが、その他にも女性ホルモンが崩れた時に出来る、肝班と言うものがあります。また炎症性色素沈着と言われる場合には、ニキビ跡から出来たもので、美白化粧品が有効と言われます。シミで悩む人の多くは、老人性色素斑と言われるものですが、この治療に当たっては、高周波エネルギーと光エネルギーを使用するものや、レーザー治療が広く使われる時代になっています。高周波エネルギー治療では、皮膚の中にあるメラニン色素を刺激するもので、レーザー治療では、皮膚の内部にあるメラニン色素細胞を破壊する方法になります。またケミカルピーリングと言う方法もあり、肌の新陳代謝を遅らせている古くなった角質を除去し、皮膚を新しくすることで、美白効果をもたらせ、肌トラブルに広く対応したものとなっています。これら治療方法が良いと言う理由には、一度出来てしまったシミは化粧品などを利用して肌のケアを行っても、完全に治すことが出来ないと言うことです。根源からの治療には、美容外科などへ行き、根本的な治療を受けることが必要になって来ます。